名古屋大学大学院工学研究科附属
フライト総合工学教育研究センター
航空機ビジネスプロフェッショナル養成講座

ごあいさつ

ごあいさつ

 航空機は、絶え間ない技術革新により高度に複雑化し、部品点数300万点超の巨大複雑システムとなっています。更に、本質的に停止が許容されない唯一の輸送機器であること、また重量増加は経済性劣化に直結することから、厳しい要求と制約条件を克服する徹底した摺合せが必要な工業製品でもあります。このため、航空機産業(開発、設計、製造、販売、運航、整備)を支える人材には、従来の航空工学の知識に加え、極めて広範囲の工学知識を体系的に吸収することが必要とされています。更に、巨額の開発投資と長い投資回収期間による高い事業リスクを伴うこと、また高額な動産で投資や投機の対象となることから、工学知識に加え、ビジネス、マネジメント、金融等の更に広範な体系化された学際的知識も必要とされます。

 このような背景の中、本プログラムは、我が国の次世代基幹産業の候補である民間航空機産業の振興・拡大を支える優れた人材を輩出するため、航空機の開発・設計・製造・販売・運航・整備等に関わる極めて広い関連工学分野・学際的分野に対し、体系的かつ実践的・創造的なキャリアアップ教育を実施します。このように広い知見を一流の講師陣にて提供するために、本プログラムでは、関連する業界団体、学会、企業、大学が緊密に協力しています。多くの方々の積極的なご参加をお待ちしております。なお、本プログラムは、令和元-2年度厚生労働省教育訓練プログラム開発事業として、実施されます。

フライト総合工学教育研究センター 副センター長 笠原次郎